日焼け止め 肌に悪い

日焼け止めクリームは肌に悪い?サンスクリーンのメリットとデメリットを考えてみた

日焼け止めクリームは肌に負担がかかる、肌に悪いとよくいわれています。

日焼け止めクリームは肌に悪い

それでも紫外線対策するべきなのか、それとも塗らないでおいた方がいいのか、迷う人もいると思います。

 

そこでこのページではサンスクリーン剤のメリットとデメリットを見て行きたいと思います。

 

日焼け止めが皮膚に悪いといわれている理由

日焼け止めが皮膚に悪いといわれている理由は4つ考えられます。

 

その1.肌を乾燥させる

日焼け止めには紫外線吸収剤か、紫外線散乱剤のどちらかが含まれている場合が多いです。

 

そのうちの紫外線散乱剤が配合されている日焼け止めは皮膚を乾燥させるという副作用があります。

 

最近は保湿成分などが添加されていて、だいぶ乾燥しにくくなっていますが、やはりデメリットとしてあげられると思います。

 

その2.刺激的な成分

もう一方の紫外線吸収剤の方は仕組みがことなり、皮膚の上で紫外線と化学反応を起こすことから、刺激が強くてそれが肌に悪いといわれています。

 

特に敏感肌でかぶれやすい場合や、アトピーがあって元々皮膚が弱いという場合には刺激が強すぎてかゆくなってしまうこともあります。

 

その3.毛穴に蓋をする

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤、どちらが使われているにしても、またクリームタイプでないスプレータイプなどににしても、皮膚にべったり塗ることから毛穴を塞いでしまうということがありそれもデメリットです。

 

その4.強いものだとクレンジングが必要

最後に日焼け止めクリームが肌に悪い原因として塗った後のクレンジングが刺激になるという問題があります。

 

これは効果が弱いものだと石鹸や水で落とせるため問題ないのですが、ウォータープルーフや強力な日焼け止めの場合は、クレンジングで落とさないとなかなか落ちなくて、それが皮膚に刺激だということが挙げられます。

 

塗らない時のデメリット

日焼け止めクリームは肌に悪い

以上で塗る日焼け止めを塗った時のデメリットを4つ整理してみましたが、塗らない場合にもデメリットがあります。

 

まず日焼け止めを塗らないと日焼けをします。

 

日焼け止めクリームは肌に悪い?サンスクリーン剤のメリットとデメリットを考えてみた

皮膚に紫外線が当たると日焼けを起こしていた痛い、赤いといった日焼けを起こすのはもちろんですが、メラニン色素を作り出して肌を黒くしてしまうデメリットもあります。

 

さらに年をとった時にしみやしわ、たるみが増える原因になります。

 

そして皮膚がんなどの病気を引き起こすということもあります。

 

使い分けたり他の方法と併用を

日焼け止めクリームは肌に悪い

 

日焼け止めは塗ると皮膚に悪いというのは一理あるのですが、やはり何も塗らない方が危険性は大きくなります。

 

ですので、塗る日焼け止めのデメリットを抑えるために普段は弱いのを使ってアウトドアの時などに強いのを使うというふうに使い分けたり、どうしても塗れない場合は長袖を羽織ったり、日傘をさすなど、日焼け止めクリーム以外で紫外線をカットしていく必要があります。

 


ランキング 比較表 成分解説