ヘリオケア 効果

ヘリオケアの成分や効果!日本のサプリとの違いは?

飲む日焼け止めを探している方であれば、ヘリオケアの名前を聞いたことがないという方はいないと思います。

 

ヘリオケアの効果

ここではヘリオケアはどんな成分なのか、どんな効果があるのかもう一度まとめてみたいと思います。

 

ヘリオケアに含まれているのはフェーンブロックというシダ科の植物の成分、この成分に紫外線への効果があります。

 

ヘリオケアは4つの効果がありますが、メインの効果はやはり抗酸化作用、日焼けで起こる活性酸素の除去サポートする機能です。

 

ヘリオケアの4つの効果とは

抗酸化作用

皮膚に紫外線が当たると活性酸素が生まれて、シミはしわの原因になりますが、フェーンブロックはその活性酸素を取り除いてくれる作用があります。

 

免疫機能作用

2つ目は肌の免疫機能を元の力に戻してくれることです。

 

肌にはランゲルハンス細胞があってこれが免疫の働きをするのですが、紫外線がその機能を弱めてしまいます。

 

DNA保護作用

太陽光線は皮膚のDNAを傷つけて回復しにくくします。
それを守ってくれるのがヘリオケアの成分です。

 

皮膚の構造を保持する

紫外線がコラーゲンや皮膚の構造壊してしまうことは光老化と呼ばれていますが、このダメージをサポートする効果があるといわれています。

 

ヘリオケアの成分は

  • フェーンブロック
  • ルテイン
  • リコピン
  • ビタミンD
  • ビタミンC、ビタミンE

 

ヘリオケアの成分はメイン成分となるフェーンブロック、
そして抗酸化作用を持つルテインやリコピンなどのポリフェノール、
そして骨にカルシウムが沈着するのを促進してくれるビタミンDと
抗酸化作用のあるビタミンであるビタミンCとビタミンEが配合されています。

 

フェーンブロックやビタミンDなどの配合量はヘリオケアのシリーズによって違います。

 

ヘリオケアの副作用

ヘリオケアは特に副作用は報告されていません。

 

ヘリオケアは中央アメリカやヨーロッパで昔から使われていますが、重篤な副作用というのは報告されていません

 

しかし控えるべき人もいます。

 

妊娠中や授乳中の方、4歳以下の子供は控えておいた方が良いとされています。

 

ヘリオケアの特徴と日本のサプリとの違い

ヘリオケアの特徴としては即効性があるということが挙げられます。

 

日本の飲む日焼け止めはニュートロックスサンが使われているサプリメントが多いですが、ニュートロックスサンが持続型で1日1回摂取することで良いのに対し、ヘリオケアは4時間毎に1個ずつ追加して飲んでいきます。

 

そのため海に行く時やアウトドアなどピンポイントで紫外線の対策を行いたい場合に向いていると思います。

 

海外で人気の日焼け止めサプリメント

ヘリオケアをたくさん配合したサプリメントは日本ではありませんが、海外では30カ国以上で使われています。

 

臨床結果が世界中の美容皮膚科学会などで行われていて有用性が認められています。

 

つまり世界の皮膚科の先生が支持しているということ、海外製のサプリメントですが、ヘリオケアに関しては副作用の心配などがなく安心して摂取できそうですね。


ランキング 比較表 成分解説