日焼け止めクリーム spf

日焼け止めクリームはSPFが高いほどいい?

飲む日焼け止めを飲み始めても外側からのケアはやはり重要です。
日焼け止めクリーム

 

そこで日焼け止めクリームの正しい選び方についてみていきたいと思います。

 

SPFとPAの値

ご存知の方も多いと思いますが、日焼け止めクリームを選ぶときはSPFとPAの値が重要です。

 

SPF

SPFは紫外線Bの影響をどれだけ遅くすることができるか、例えばSPFが30のものであれば通常20分で日焼けしてしまうところが30倍に引き伸ばせるということを表しています。

 

PA

また一方でPAの値は紫外線Aを防げる力のことで、

  • +が1個なら2倍から4倍の時間を稼げて、
  • ++の場合は4倍から8倍に、
  • +++の場合は8倍以上にのばせる

ということを表しています。

 

高ければ高いほど良いのか?

日焼け止めの正しい選び方とは?SPF値が高ければ高いほどいい?

こうやってみてみるとSPFやPAの値が高ければ高いほど、良さそうだと思いますが、実際にはSPFが30以上のものはほとんど実際の効果に差はなく、むしろ肌の炎症のような副作用の影響が強くなりますので、やたらと高いものを使えばいいわけではありません。

 

普段の通勤や通学で使うならPAが++でSPFが25程度あれば問題はありません。

 

ノンケミカルならいいのか?

日焼け止めには紫外線吸収剤を使っているものと紫外線散乱剤を使っているものがあり、紫外線散乱剤を使っているものは皮膚への刺激が弱くてノンケミカルという言葉で販売されている場合があります。

 

それではノンケミカルの方がいいのかというと必ずしもそうではなくて、効果が弱くなってしまったり、皮膚の乾燥を引き起こしたりなどノンケミカルの日焼け止めが持っている副作用もあります。

 

ですので、どちらがいいということを断言することはできません。

 

参考記事:日焼け止めクリームは肌に悪い?

 

日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めクリーム

 

日常使いの場合はハワイや海に行くのと違います。
ですので、あまり強いものではなくSPFが25程度、PA++くらいのもので充分です。

 

そして店頭で実際に使ってみて塗り心地の良いものを選び、家で目立たない場所でテストして肌荒れなど起こさないか見て使う、というのが一番良いのではないでしょうか。

 

また海やプールに行ったりアウトドアなどで思いっきり焼けてしまう場合は、SPFが50+でPAが+++そして、汗や水で流れないようにウォータープルーフのものを選べば良いのではないでしょうか。

 

このような強い日焼け止めクリームは肌を荒らす可能性もあり、洗い流す時にクレンジングなどが必要になって肌の負担が高まりますが、普段は弱いのを使い、ピンポイントで強いのを使う程度であればそれほどダメージはないと思います。


ランキング 比較表 成分解説