日焼けしやすい 体質

地黒、色白の人がいるけれど

皮膚の色は地黒や色白といった表現に代表されるようにもともと黒っぽい人やもともと白い肌をしている人がいます。

 

日焼けしやすい体質

 

そして日焼けした時になかなか黒くならない人や、すぐに真っ赤になってしまう人、真っ黒に焼けてしまう人など様々なタイプの人がいます。

 

体質的に日焼けしやすい人とはいるのでしょうか。

 

日本人は3つの肌タイプ

残念ながら体質的に日焼けをしやすいという人がいます

 

サンバーン

日焼けの直後赤くなるの紫外線に当たるとは血管を拡張する作用のある物質が放出されるためです。
血流が多くなって赤くなっているように見えます。

 

サンタン

また何日か後に黒くなってきますが、これはメラニン色素が作られて皮膚が黒く見えるためです。

 

日本人には3つの肌のタイプの人がいて、同じ量の紫外線浴びても反応が異なるのです。

 

3つの肌タイプ

日焼けをしてすぐに赤くなりやすいがあまり黒くならないタイプ
あまり赤くならずにすぐに真っ黒になってしまうタイプ
少し赤くなって後で焦げ茶色になるタイプ

 

あまり黒くならない人は17%から18%
真っ黒に焼けてしまう人が13、4%
若干黒くなる人が70%程度です。

 

もしあなたが同じ量の紫外線を浴びているのに友人よりすぐに黒くなってしまうというなら、肌タイプが黒くなりやすいタイプなのかもしれません。

 

色黒の人は紫外線に強い

3つの肌のタイプ!体質的に日焼けしやすい人っているの?

すぐ肌が黒くなるタイプの方は人より肌が黒くなりやすく残念に思うかもしれません。。

 

が実は一番紫外線に対する抵抗力が強いといえます。

 

それはメラニンを生み出す力が強くてすぐに紫外線を遮ろうとする力が働いてくれるからです。

 

あまり白くならない色白の方であればメラニンがあまり作られないので、紫外線から保護されずにDNAが傷ついたり、しいては皮膚がんの元になってしまうといったことも考えられます。

 

実際に白人に皮膚癌が多いのはこのようなメラニン色素を生み出す力が弱いということが原因です。

 

誰でも黒くなるのは嫌ですが、メラニンがたくさんの放出されて黒くなることでDNAの損傷などから守られる、癌などの病気になりにくいというメリットがあることも頭の片隅に置いておくといいかもしれません。


ランキング 比較表 成分解説