飲む日焼け止め 子供 危険

飲む日焼け止めは子供でも飲める

飲む日焼け止めと子供

かつては赤ちゃんや子供が日光浴をすることが進められていましたが、紫外線に当たることが害だということが分かって、子供の紫外線対策をすることが一般的になっています。

 

そんな時に気になるのが飲む日焼け止め、子供が飲んでも大丈夫なのでしょうか。

飲む日焼け止めは4歳から飲める

 

飲む日焼け止めは基本的に天然成分から作られています。

 

そしてサプリメントというのは食品ですので、年齢制限はないのですが、濃縮している成分なので体の機能がしっかりしてきた4歳児ぐらいからであれば飲むことができると考えられています。

 

飲む日焼け止めの成分は天然成分です。

 

飲む日焼け止めと子供 飲む日焼け止めと子供 飲む日焼け止めと子供

 

天然成分というのはいくつか種類がありますが、ニュートロックスサンと呼ばれるグレープフルーツとローズマリーというハーブから抽出したエキスを使っているものや、フェーンブロックというシダ科の植物から抽出したエキスを使っているもの、それ以外にパイナップルから抽出しているエキスを使っているものがあります。

 

子供に飲む日焼け止めを飲ませたい場合は、天然成分のなかでも食生活で食べているパイナップルやグレープフルーツ、そしてローズマリーのような食物から作られたものであれば安心して飲ませられるのではないでしょうか。

 

トマトの色素成分リコピンやグレープフルーツやオレンジの苦味成分であるナリンゲニンといったポリフェノールを抽出しているのが飲む日焼け止めです。

 

分かってきた紫外線の害

飲む日焼け止めと子供

以前は母子手帳でも赤ちゃんの日光浴が推奨されていたのですが、20年ほど前から推奨が取り消されています。

 

紫外線に当たると皮膚でビタミンDを合成することができるのですが、これは全身に浴びる必要はなく、手のひらサイズで1日15分浴びれば充分だということが分かっています。
それよりもデメリットとしてDNAが傷ついたり肌の免疫力が下がったりすることのほうが大きいのです。

 

さらに子供の頃に日光を浴びすぎると皮膚がんになる確率が高まってしまうことも分かっています。

 

ですので、日焼け止めクリームを塗ってあげる、帽子をかぶらせるといった子供の紫外線対策はとても重要だと思います。

 


ランキング 比較表 成分解説