紫外線対策 夏 晴れの日

いつから紫外線対策する?

夏が近づいてくるとUVケアグッズがドラッグストアにたくさん並ぶようになります。

 

皆さんはいつ頃からケアをしているでしょうか。

 

紫外線対策はいつからしたらよいのか、どのような時にしたらいいのかについて考えてみたいと思います。

 

種類によってピークが異なる

紫外線対策は夏や晴れの日だけでいいの?実は焼けなくても・・

 

紫外線は紫外線Aと紫外線Bがあります。

 

紫外線Bの量
紫外線対策は夏や晴れの日だけでいいの?実は焼けなくても・・

 

 

紫外線Aの量
紫外線対策は夏や晴れの日だけでいいの?実は焼けなくても・・

 

紫外線Bは主に日焼けを起こす紫外線で、紫外線Aはシミやシワのもとになる紫外線です。

 

紫外線Aが一番多いのは5・6月頃で、
紫外線Bが一番多いのは7月から8月だといわれています。

 

紫外線Bは夏の方が3〜5倍ほど多く、紫外線Aは一年中であまり差はありません。
また沖縄と北海道では緯度が異なり2倍近い差があります。

 

日焼けしたくないなら

単純に日焼けを防ぎたいなら、焼けないために紫外線を対策するのであれば、紫外線Bが多くなる5月から9月を中心に対策すればいいでしょう。

 

雨の日や曇りの日でも日焼けの原因になる紫外線Bについては、

  • 曇りの時は50%から80%が
  • 雨の日でもに30%は

地表に到達しています。
ですので、どんな天候であろうと夏の間は紫外線対策が必要になります。

 

シミしわなど美容対策も考えるなら

シミやシワなどを予防したいなら一年中紫外線対策は必要になります。

 

雨の日は曇りの日でも雨の日や曇りの日でも、美容に悪い紫外線Aはほとんど同じ量が降り注いています。

 

さらに紫外線はガラスを通過して家の中まで入っていきますので、ガラスには紫外線カットフィルムなどを貼る必要があります。

 

冬の紫外線対策は冬や秋に紫外線対策が必要かどうかはその人によります。
焼けなければいいという人は秋冬は対策する必要はないですし、シミやシワを防ぎたいという方はする必要があります。

 

冬の紫外線対策とシミやシワの関係についてはこちらのページを参照してください


ランキング 比較表 成分解説