ニュートロックスサン 効果

ニュートロックスサンとは

日本で販売されている飲む日焼け止めに使われている成分で最もポピュラーなものにニュートロックスサンがあります。

 

どのような効果があるのか、どのような成分でできているのか詳しく見て行きたいと思います。

 

ニュートロックスサンとは
ニュートロックスサンの効果

 

ニュートロックスサンとはスペインで共同開発された成分でグレープフルーツの果実とローズマリーの葉から抽出したエキスで作られています。

 

 

ニュートロックスサンの効果

ローズマリーとグレープフルーツはスペインの強い紫外線を浴びても枯れることがないことから抗酸化力が強く、紫外線に効果が期待できるとされてきました。

 

そして研究を重ね100種類以上の組み合わせを試して一番効果があったのがこの2つの成分成分量の配合だったそうです。

 

ニュートロックスサンの3つの効果

ニュートロックスサンの効果

 

活性酸素を制御する

一つ目の効果が活性酸素を制御する機能です。

 

活性酸素は体を酸化させてしまう物質のことで皮膚でいえばシミやシワの事になります。
ニュートロックスサンはこのような過剰な活性酸素コントロールしてくれます。

 

抗炎症作用

ニュートロックスサンには抗炎症作用があります。

 

日焼けはいわば皮膚が日光で炎症を起こした状態、それを抑えてくれる効果があるといわれています。

 

UVBの抵抗力アップ

紫外線UVBは一般的にいわれる日焼けを起こす紫外線です。

 

ニュートロックスサンではUVBを当てる実験で、活性酸素が生まれにくくなることそして皮膚の表面の細胞である角化細胞のダメージを減少させたというデータがあります。

 

ニュートロックスサンの4つの特徴とは

ニュートロックスサンの効果

 

  1. 24時間持続する
  2. 飲み続けると紫外線保護率上がる
  3. 250mgで最大の効果が発揮できる
  4. 浴びた後に飲んでもいい

 

24時間持続する

まず一つ目の効果として24時間効果が持続するという特徴があります。

 

飲み続けるほど耐性がアップ

紫外線に対する保護効果が上がり飲み続けるほど効果が少しずつ高まっていく特徴があります。

 

スペインの大学での研究では250mgのニュートロックスサンを57日間飲み続けると34.2パーセント85日間で56.1%紫外線への防御率が上がったということが分かっています。

 

飲むべき量は250mg

250mgを飲むことでニュートロックスサンの効果が最大限に発揮できるということです。

 

浴びた後に飲んでもいい

内側からのケアのため、また24時間持続タイプなので、日を浴びた後でも、浴びる前でも効果が期待できるということです。

 

 

ニュートロックスサンの副作用は

ニュートロックスサンは南スペインの紫外線を浴びて、抗酸化力が強いグレープフルーツの果実とローズマリーの葉っぱを使っていて100%天然成分です。

 

また毒性の試験を行っていて人体に害がないことが証明されています。
実際に目立った副作用は報告されていません。

 

飲んではいけない人

ニュートロックスサンは食品ですので、基本的には副作用はありません。

 

しかし飲む時に注意すべき人はいます。

 

まず妊娠中授乳中の方は子宮の刺激のリスクがありますので、控えておいた方が良いです。

 

4歳未満の子供もサプリメントのエキスは濃いですので、負担がかかる恐れがあり飲まない方が良いとされています。

 

そしてもちろん使っている成分、ローズマリーやグレープフルーツにアレルギーがある方は食物アレルギーを起こしてしまいます。

 

また添加物にエビはカニが使われている日焼け止めサプリもありますので、そちらもチェックした方がいいでしょう。


ランキング 比較表 成分解説