日焼け対策 沖縄 飲む日焼け止め

沖縄は紫外線量が多い

沖縄の紫外線対策には飲む日焼け止めもおすすめ

夏に限らず沖縄は紫外線量が多いです。

 

その量は北海道と比べると2倍ほどになっています。

 

冬でも夏でも2倍近い紫外線が降り注ぐ沖縄
旅行などで沖縄に行く場合はしっかりと紫外線対策をしないといけません。

 

海に行くならなおさらです。

 

しっかり紫外線対策するには

 

沖縄での紫外線対策はいくつかの方法があります。

 

日焼け止めクリームを塗る

沖縄の紫外線対策

海に行かなくても日焼け止めクリームはしっかり塗っておかないといけません。

 

2倍の紫外線が降り注いでいるのです。

 

SPFが高めの日焼け止めクリームをこまめに入り直してうっかり日焼けしないように注意しましょう。

 

最近ではスプレー式のUVカット剤もあります。

 

これは頭にスプレーして頭皮を紫外線から守るためにも有効です。

 

海に行く場合はウォータープルーフのものがいいですね。
持続時間をしっかりと確認しましょう。

 

日傘をさす

沖縄の紫外線対策

日焼け止めクリームを塗る場合でも日傘をさして二重に対策しましょう。

 

旅行の時は荷物になって邪魔な日傘ですが、夏に沖縄に行く場合は特に大切です。

 

日傘は日陰を作ることはできるので熱中症対策にもなりますね。

 

ラッシュガードを着る

沖縄の紫外線対策には飲む日焼け止めもおすすめ

沖縄の海で泳ぐためにはラッシュガードは必須です。

 

地元民は水着を着ないでTシャツで海に入ることが多いもの、それほど紫外線が強いからです。

 

水着を着て海に入りたい場合はラッシュガードをしっかり着用しましょう。

 

これはUVカットの素材でできている上着のようなもので水着の上にかぶって海の中に入れます。

 

ウォータープルーフの日焼け止めを塗っていても、どうしても落ちてしまうのでこのような上着は重宝します。

 

飲む日焼け止めもおすすめ

沖縄の紫外線対策

沖縄旅行で飲む日焼け止めもおすすめです。

 

飲む日焼け止めというのは紫外線に当たる前に飲んでおき、紫外線が当たった時のダメージを和らげるものです。

 

ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用があって日焼けのケアに良いといわれていますね。
飲む日焼け止めにもこの抗酸化作用の強い成分が入っていて、日焼けに強い皮膚を作ることができます。

 

内側からの毛穴ので日焼けをしてしまったなと思った時に後から飲むことでケアもできます。

 

うっかり日焼けし過ぎてしまった時のためにも携帯しておくといいですね。

 

焼けてしまったら

沖縄の紫外線対策には飲む日焼け止めもおすすめ

もし思っていたよりやけをしてしまったらすぐに対策をしましょう。

 

まず一番に水を浴びて体を冷やします。

 

日焼けというのは軽いやけどともいえる状態ですから、すぐに冷やさないといけません。

 

場合によっては水ぶくれなどができてしまうぐらい酷くなることもありますが、水ぶくれがたくさんできた、体がだるくて頭痛がする、などの症状がある場合は病院に行くようにしてください。

 

体の表面を冷やし終わったらひたすら保湿して肌の状態を整えます。

 

4日ぐらい出すと皮膚が黒くなってくると思いますが、美白をするのはまだ早いです。

 

美白ケア化粧品を使う時はすっかり肌の炎症が治るまで待ちましょう


ランキング 比較表 成分解説