海 日焼け対策 飲む日焼け止め

海に行くと一日で真っ黒に

海の紫外線対策

海に行くと本当に1日で真っ黒になってしまいます。

 

本当は海に行きたいのに日焼けするから嫌だという女性はとても多いです。

 

プールは日焼け止めクリームが禁止されていることもありますし、 人前で何度も 塗り直しにくいものです。

 

焼けるのはとても簡単ですが、黒くなってしまった皮膚を元に戻すのはとても大変
そこで海で焼けないためにはどうしたらいいのか考えてみたいと思います。

 

海で焼けないためには海で焼けないためには3つの方法が考えられます。

 

その1.ウォータープルーフの日焼け止めをつける

海の紫外線対策

ラッシュガードをつける日焼けしにくい肌を作るウォータープルーフの日焼け止めをつける一番一般的な方法はウォータープルーフの日焼け止めでしょう。

 

ウォータープルーフの日焼け止めは水に濡れても取れにくいようになっていて耐水時間などが書いてある場合もあります。

 

一番長いもので80分ですが、SPFが50プラスでPAが+++
耐水時間が長いもの
ほうが塗り直しが少なくて済みます。

 

寝るときのコツは法村がなくすることたくさんつけるよりは何度も撮り直したほうが効果が上がります。

 

しかし日焼け止めはたいがい薄くなってしまいがち
平均的に女性は推奨量の4分の1程度しか塗っていないといわれていますので、十分すぎるほど塗っても問題ないと思います。

 

日焼け止めクリームは普通でも23時間で落ちてしまうといわれていますので、海に入るときはもっとこまめな塗り直しが必要です。

 

その2.ラッシュガードを着る

海の紫外線対策

日焼け止めクリームをこまめに塗り直すことは大切ですが、その上から日焼け防止の洋服を着るともっと効果的です。

 

それがラッシュガード日焼け対策グッズです。

 

ラッシュガードは水着と同じ素材で出来ていて、水着の上に羽織って日差しから体を守ることが出来ます。

 

正しいこれでも100%はカットできないのでやはり日焼け止めクリームを塗ってから着用したほうが効果が高くなります。

 

その3.日焼けしにくい皮膚を作る

日焼けしにくい肌を作るというのも良い方法です。

 

肌が乾燥しているとバリア機能が弱くなっていて太陽光線の影響を受けやすくなります。

 

ですので、保湿が大切そして抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEなどをたくさんとって、肌で活性酸素が生まれないようにしておくことも大切
ビタミンCやビタミンEは果物野菜を中心に含まれています。

 

ビタミンEはアボカドに多く含まれています。

 

ビタミンCはじゃがいもやレモンといった食品に多く含まれています。

 

ビタミンCやビタミンEを多く含まれる食品や効果についてはこちらのページを参照ください。

 

飲む日焼け止め

海の紫外線対策

飲む日焼け止めもおすすめです。

 

紫外線ダメージを最大限に抑えるためには飲む日焼け止めも効果的です。

 

飲む日焼け止めは日焼けしにくい皮膚を作るためのサプリメント
配合されている成分に日焼けした後に起こる活性酸素のコントロールをしてくれる機能があります。

 

ビタミンCやビタミンEのように抗酸化作用が強い成分で海に行く少し前から飲んでおくことで、紫外線に負けにくい肌にすることができます。

 

飲む日焼け止めの効果についてはこちらのページで詳しく解説しています。

 

海で焼けてしまったら

海の紫外線対策

もししっかり対策していたのに開けてしまったらどうしたらいいでしょうか。

 

まず日焼けというのは火傷の一種なので冷やすことが大切です。

 

詳しいことはこちらのページに書いているのですが、日焼けをした後の対処方法としては水で冷やす保湿をする肌が治ってきたら美白するという流れになります。


ランキング 比較表 成分解説