紫外線カット 黒 白

紫外線カットには黒い服と白い服どちらが効果的?

絶対焼けをしたくないという女性の中には夏であっても、長袖長ズボンを着用し日焼けをしないための対策をしている方もいるかもしれません。

 

紫外線カットには黒い服と白い服どちらが効果的?

その場合同じ洋服を着るのに黒い服と白い服とでは紫外線のカット効果が違うのでしょうか。

 

黒い服がカット効果が高い
紫外線のカット効果でいえば白い服より黒い服の方が効果が高いです。

 

白い服は黒い服より紫外線を吸収するので透過率が少なく、肌に紫外線が当たるのを防ぐことができます。

 

そして紫外線を反射する力も弱いので反射光で日焼けするのを防ぐこともできます。

 

繊維によっても差がある

紫外線カットには黒い服と白い服どちらが効果的?

実は紫外線のカット効果は繊維によっても異なります。

 

まず紫外線を透過しにくい繊維に羊毛とポリエステルがあります。

 

羊毛にはケラチンが含まれていて紫外線を透過しにくくなっています。

 

ポリエステルも構造が紫外線を吸収するようになっていて、肌に紫外線が当たらないようにカットすることができます。

 

逆に紫外線を透過しやすいものはめ綿の洋服です。

 

綿やレーヨンなどの繊維は比較的紫外線を透過しやすいものです。

 

ですので、理想的には羊毛かポリエステルでできている洋服で黒い服が効果的です。

 

着心地がいいのは

しかし実際には羊毛でポリエステルで黒い服は非常に着心地が悪いです。

 

羊毛は暑いですし、ポリエステルは水気を通しにくく蒸れてしまいます。

 

そうすると夏の暑い時には日射病になる可能性がありますし、蒸れて不快です。

 

そして黒い洋服は熱を吸収しやすいので白い服より暑くなりやすく、これも熱中症の観点から見ると良くありません。

 

ですので、一般的に夏は白や薄い色で綿やレーヨンなど通気の良い繊維で出来た洋服を着る場合が多いです。

 

夏着るのにおすすめなのは

綿とポリエステルの繊維を混合をしてある素材でできているもの、ポリエステルと綿が混合されている素材の洋服は着心地が良い上に、紫外線の予防効果が期待でできます

 


ランキング 比較表 成分解説