室内 日焼け 紫外線

紫外線はガラスを透過する

紫外線について調べていると家の中でも注意が必要、紫外線はガラスを通過するということを聞くことがあります。

 

本当なのでしょうか。
本当です。

 

紫外線Aはガラスを透過する

紫外線室内

家の中にいても紫外線が入ってくるというのは、本当のことです。

 

正確にいうと紫外線は紫外線Bと紫外線Aという2つの種類があります。

 

紫外線Aはガラスを簡単に通過してしまいます。
ですので、分厚いガラスの部屋でも紫外線を浴びてしまうことになります。

 

紫外線Aのデメリット
  • しみ・しわ
  • たるみ
  • 皮膚癌

紫外線を浴びることによるデメリットは美容的な面、健康面です。

 

紫外線を浴びると長い間の蓄積でシミやシワのもとになり、そして年をとってからたるみがひどくなります。

 

 

紫外線Bは室内に届くのか?

紫外線Bは日焼けを起こす紫外線ですが、5ミリ以上のガラスを通過することはできません。
ですので、通常家の中にいても浴びることはありません。

 

 

日焼けを起こすのは紫外線Bですので、家の中にいることで日焼けをすることはありません。

 

家の中の紫外線対策をするには

紫外線室内

最近建てられた家ではガラスにあらかじめ紫外線カット機能が付いていて、何もしなくても紫外線がカットされるようなところが多いです。

 

しかし昔建てた家などで特にガラスが薄い場合は紫外線対策をする必要があります。

 

方法は紫外線防止フィルムなどを貼ることです。

 

家以外にも自動車でも注意
このような紫外線は車を運転している時にもいえることで、車の薄いガラスをすり抜けて紫外線をたくさん浴びてしまいます。

 

そのため内側から塗るタイプの紫外線防止剤も人気が出ています。


ランキング 比較表 成分解説