通勤中 通学中 日焼け止めクリーム

朝や夕方なら紫外線対策しなくても大丈夫?

朝7時から8時ぐらいの時間に通勤や通学で日焼けをするぐらいなら浴びても大丈夫なのでしょうか。

 

通勤中・通学中の日焼けぐらいなら日焼け止めは要らない?

まだ日は傾いていてあまり暑くはなく、日傘ほうさすのが面倒になってしまいます。

 

日差しが弱い朝や夕方でも日差しが弱い朝夕方でも紫外線は降り注いでいます。

 

実際に一番紫外線の量が多いのは午前10時から午後14時ぐらいの間で一番多いのは12時前後なのですが、午前や夕方なども紫外線はゼロではありません。

 

夏の朝の紫外線や夕方の紫外線の量は、真冬の12時ぐらいのレベルの紫外線の量があります。

 

ですので無視できる量ではありません。

 

紫外線の害は蓄積する

紫外線の害は1回当たったら消えるものではなく、少しずつ皮膚に溜まっていきます。

 

ですので、1時間の通勤時間であっても毎日浴び続けることで相当な紫外線を受けてしまうことになります。

 

さらに紫外線Aの量は冬でも夏でも変わらず、そして曇りの日でも雨の日でもほとんど同じようが降り注ぐので、ダメージはさらに多くなってしまいます。

 

紫外線Aは日焼けの赤みや痛みなどを引き起こさないのですが、長い間の蓄積でシミやシワそして、たるみのもとになるといわれていて、肌の老化の8割がこの紫外線の影響だといわれています。

 

通勤・通学時間でも対策を

通勤や通学の時間でも紫外線対策はしっかりしておきたいものです。

 

例えば日傘をさす、クリームを塗る、長袖を羽織るなどなど、
自転車を使って通勤や通学をしている人は日傘をさすのは難しいかもしれませんが、帽子や羽織るものなどでカバーするしかありません。


ランキング 比較表 成分解説