日焼け後 ビタミンC

食べ物で日焼け後ケア

うっかり日焼けをしてしまうこともあると思いますが、そうなった時にはいかに皮膚の中に活性酸素を生み出さないかということがポイントになります。

 

この活性酸素が美容に大敵であるたるみやシワやシミといった症状を引き起こします。

 

食べ物で活性酸素を減らすことはできるのでしょうか。

 

抗酸化作用がある食べ物

抗酸化作用のある食べ物は活性酸素の除去に役立ちます。

 

例えばビタミンCやビタミンEそしてL-システインやビタミンB群などがたくさん含まれている食べ物は活性酸素の除去に役立ちます。

 

ビタミンC

日焼けビタミンC

ビタミンCは美白に良いといわれていて美肌ビタミンとしてことも有名です。

 

そしてビタミンC誘導体は塗り薬として美白化粧品などに多く添加されています。

 

食べた場合にも効果があるのでしょうか。

 

ビタミンcは細胞の増殖に関わる遺伝子テロメアが切断されるのを防いでくれる効果があります。
そうすると細胞が長生きするようになります。
活性酸素の除去をしてくれるということになります。

 

特にヒドロキシラジカルという活性酸素の種類に効果的に作用します。

 

 

ビタミンCを取るためには

ビタミンCは果物やじゃがいも野菜などに多く含まれています。

 

ただしビタミンCは壊れやすいです。
加熱や水にさらすなどの調理をなるべくしないで食べられるものが、多くビタミンCを取ることができます。

 

 

ビタミンE

日焼けビタミンC

ビタミンEは細胞膜を活性酸素から守る役割をします。

 

ビタミンEは活性酸素が発生したときに、細胞膜の身代わりとなって自分が酸化されます。

 

そうすることで活性酸素が酸素に戻ります。

 

ビタミンEをたくさん取るためには

ビタミンEの中でもαトコフェロールは抗酸化力が強く、皮膚の活性酸素を除去するのに役立ちます。

 

ビタミンEをたくさん含んでいる食品としては胚芽玄米やピーナッツ大豆などの食品や大豆油などのようなオイル系の食品があります。

 

しかし取るときに注意点があって、このような成分は酸化しやすく、酸化したものを食べてしまうと逆効果になってしまいます。

 

食べ物から取ることが難しい場合

食べ物から取ることが難しい場合は、ドラッグストアなどに売っているビタミンEサプリメントを摂取するといいと思います。

 

ビタミンCの場合でも食事からとるのが難しいと思ったらサプリメントで摂ると良いと思います。

 

抗酸化作用がある天然成分

日焼けビタミンC

ビタミンCやビタミンE以外にも抗酸化作用が優れる成分があり、ポリフェノールやカロテノイドなど天然成分にたくさん含まれています。

 

例えばトマトに含まれている色素成分であるリコピンや甲殻類などに含まれているアスタキサンチン、そして赤ワインに含まれているフラボノイドであるアントシアニンなど様々なものがあります。

 

飲む日焼け止めもおすすめ

日焼けビタミンC

飲む日焼け止めも選択肢の一つにあげられます。

 

飲む日焼け止めは紫外線ダメージに強力に作用する抗酸化物質を含んでいて、皮膚の活性酸素を除去するのに効果的です。

 

よく含まれている成分としてはニュートロックスサンやフェーンブロックなどがありますが、これらの成分には天然の植物から抽出したポリフェノールが含まれていて、実際に皮膚の紫外線ダメージを減らすことが研究結果でわかっています。

 


ランキング 比較表 成分解説